航空整備士

航空会社の仕事として最後に紹介するのは「航空整備士」です。航空機の整備を行う仕事であり、安全な飛行をするためには欠かすことが出来ない人材であると言えます。実際、旅客機の事故はパイロットが原因であるものよりも整備不良が原因で発生しているものの方が多く、責任の重さとしてはパイロットと同等かそれ以上であると考えなければなりません。この航空整備士の仕事は大きく2つの整備に分けられます。1つは「ライン整備」というもので、もう1つは「ドッグ整備」と呼ばれるものです。

ライン整備は航空機が飛行する前に必ず行う事前チェックのことで、この時点で問題があれば飛行を停止するなどの措置を取ることになります。対してドッグ整備は長時間の飛行を行った機体を時間を掛けて確実な整備を行うものです。この2つの整備が両翼となって、航空機は安全な飛行状態が保たれています。航空整備士になるためには国家資格が必要です。ただ、この国家資格にはいくつかの種類があり、その資格の種類によって担当することが出来る業務の範囲に違いがあります。航空整備士の資格は航空専門学校などで取得することが出来るため、整備士を目指す場合にはまずは航空専門学校を目指すのが一般的です。

客室乗務員

かつてはスチュワーデスと呼ばれ、女性の職業として認識されていましたが、現在では男女雇用機会均等法の影響から男性でもなることが出来るようになり、名前も「キャビンアテンダント」や「客室乗務員」と変わりました。今回はこの客室乗務員という仕事について紹介します。客室乗務員は旅客機において機内でのサービスを行う仕事です。また、ユーティリティ面のサービスだけではなく、いざというときには安全確保のためにも仕事をしなければならず、旅客の命を預かるという意味ではパイロットと同じように責任の重い仕事であると言えます。そのため、客室乗務員になるのも非常に難しいものとなっています。

パイロットと違って前提となる資格があるわけではありませんが、航空会社に客室乗務員希望で入社する場合、少なくとも専門卒以上の学歴が問われることになります。多くの場合は四大卒の人が対象となるでしょう。ただし、客室乗務員になるための過程がある短大やエアラインスクールを卒業している場合にはそちらからの採用があることもあります。この仕事においては常に笑顔で対応できる精神力に加えて、海外からの旅客にも対応できる英語力が求められます。そのためTOEICスコアが求められることも多くあります。

パイロット

航空会社で働く人としてまず紹介するのは、飛行機などの航空機を運転する「パイロット」です。パイロットは航空会社における仕事のなかでも特に専門性が高いもので、旅客や乗務員の安全を預かる非常に重要な役割をになっています。では、パイロットになるためにはどのようなことをしなければならないのでしょうか。パイロットになるためには航空会社が行っているパイロット養成コースや航空大学、パイロット資格取得スクールに通って勉強をするのか必要があります。結果として取得することが出来るライセンス等には大きな違いがありません。もう一つ変則的な方法として防衛大学に入り空自を目指すという方法もありますが、旅客機のパイロットになる、ということからは少し離れます。

パイロットになるためには、座学も重要ですが同時に健康面も重要になります。特に視力については非常に厳しい審査基準が用意されており、先天的な理由からパイロットになることが出来ない人も少なくありません。さらに、パイロットライセンスを取得したとしても、航空会社での採用数自体が少ないということもあり、必ずパイロットになれるわけではない、というのが難しい所でもあります。非常に狭き門の仕事です。

参考リンク<飛行機免許取得:アルファーアビエィション

航空会社の仕事

国内、国外を問わず、航空機の活躍は目を見張るものがあります。今までは船を使って長い時間を掛けなければ行くことが出来なかった場所にも、飛行機を使えば数時間で到着することすら可能になりました。ただ、この航空機というのは運用が難しいものでもあり、非常に多くの人がその安全で正確かつ迅速な運用を行うために関わっています。そこでここでは、航空機を運用する航空会社において、どのような人達が活躍しているのかを紹介します。

航空機の運用においては、その仕事の種類が大きく2つに分類できます。1つは航空機を飛ばすこと自体に関係している人です。もう1つは、旅客や貨物を積み込むなど、補助的な役割を行うことに関係している人です。この2つの職業は両方共欠かせないもので、どちらかが欠けてしまえば航空会社は仕事をすることができなくなります。前者としてはパイロットや整備士などが代表的な仕事となります。この人達がいなければ航空機は飛ぶことができません。後者としてはグランドスタッフや客室乗務員などが該当します。この人達がいなければ、航空機は飛ぶ理由がなくなってしまいます。

航空会社での仕事内容は様々ありますが、いずれも難易度が高く専門性が高いものであるという共通点があります。そのため、この仕事に就くためには特別なルートをたどる必要がある場合もあります。志す場合には早い段階から目指さなければ間に合わなくなってしまうと言えるでしょう。