客室乗務員

かつてはスチュワーデスと呼ばれ、女性の職業として認識されていましたが、現在では男女雇用機会均等法の影響から男性でもなることが出来るようになり、名前も「キャビンアテンダント」や「客室乗務員」と変わりました。今回はこの客室乗務員という仕事について紹介します。客室乗務員は旅客機において機内でのサービスを行う仕事です。また、ユーティリティ面のサービスだけではなく、いざというときには安全確保のためにも仕事をしなければならず、旅客の命を預かるという意味ではパイロットと同じように責任の重い仕事であると言えます。そのため、客室乗務員になるのも非常に難しいものとなっています。

パイロットと違って前提となる資格があるわけではありませんが、航空会社に客室乗務員希望で入社する場合、少なくとも専門卒以上の学歴が問われることになります。多くの場合は四大卒の人が対象となるでしょう。ただし、客室乗務員になるための過程がある短大やエアラインスクールを卒業している場合にはそちらからの採用があることもあります。この仕事においては常に笑顔で対応できる精神力に加えて、海外からの旅客にも対応できる英語力が求められます。そのためTOEICスコアが求められることも多くあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket