パイロット

航空会社で働く人としてまず紹介するのは、飛行機などの航空機を運転する「パイロット」です。パイロットは航空会社における仕事のなかでも特に専門性が高いもので、旅客や乗務員の安全を預かる非常に重要な役割をになっています。では、パイロットになるためにはどのようなことをしなければならないのでしょうか。パイロットになるためには航空会社が行っているパイロット養成コースや航空大学、パイロット資格取得スクールに通って勉強をするのか必要があります。結果として取得することが出来るライセンス等には大きな違いがありません。もう一つ変則的な方法として防衛大学に入り空自を目指すという方法もありますが、旅客機のパイロットになる、ということからは少し離れます。

パイロットになるためには、座学も重要ですが同時に健康面も重要になります。特に視力については非常に厳しい審査基準が用意されており、先天的な理由からパイロットになることが出来ない人も少なくありません。さらに、パイロットライセンスを取得したとしても、航空会社での採用数自体が少ないということもあり、必ずパイロットになれるわけではない、というのが難しい所でもあります。非常に狭き門の仕事です。

参考リンク<飛行機免許取得:アルファーアビエィション

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket